文字列+変数で「文字列変数」という変数を呼び出す

7月 6th, 2009

「変数」という文字ばっかりでわかりにくいタイトルですが、つまりこういう事。

ルートに
d1 = “あれ”;
d2 = “これ”;
d3 = “それ”;
という変数があったとする。

これを他の変数へ代入する際

ex = /:d1;
ならばうまくいくが、for文を使ったりする際には
for(a = 1; a <= 3; a++){
ex = “/:d” add a;
}

ではうまくいかない、ex=”/:d1″という文字列が代入される。
そこでeval関数をつかい、疑似配列として変数を認識させる。

for(a = 1; a <= 3; a++){
ex = eval(“/:d” add a);
}

これで、ex=”あれ”ということになる。

しばらく離れてたらすっかり忘れてしまっていた、情けない・・・

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: Flash Lite

Leave a comment

Leave a comment

Feed

http://www.browncrown.net/blog / 文字列+変数で「文字列変数」という変数を呼び出す