Panda:事故記録1

10月 4th, 2013

ご無沙汰です・・・・
実は9月末にPanda運転中に事故に遭ってしまいてんやわんやな状態です。
事故後一週間経ったので健忘禄として暫く事故の経過を記載していこうと思います。

2013/09/26(Thu)
AM9:55頃:事故発生
場所は 東京都目黒区鷹番

自分:目黒通り(目黒方面へ走行)から「田向公園北」交差点で左折、五本木方面へ
相手:自分が入っていった道路の側道(一方通行、停止線、一時停止標識有り)から

自分は相手の車を認識していて自分と反対側の対向車を確認しているのを見ていました。
それで、丁度自分の車が相手の前を通りすぎた瞬間にガツンとぶつけられました。

事故直後の様子。

とりあえず、何が起きたか一瞬わからず、衝撃があった事からあてられたことを認識しました。
左から出てこられたので運転席側直撃です。

相手に警察に電話して貰い、ぶつけられた反動で反対車線へ車が吹っ飛んでしまったので
コレは不味いとおもい、押して道路脇へ移動させました。
色々興奮していたので嫁さんにメールで事故ったことを報告、
ついでにtwitter,facebookにも上の写真アップ
サイドモールやら散らばったパーツを拾っていると警察到着。

事情を話し、身体に痛みがあったので相手と連絡先を交換し救急車で搬送されました。
救急車に乗る前にPandaをそのまま近くのコインパーキングに入庫。

たくさんの友人から心配の書き込みや連絡があり大変うれしかったです。

niapandaさんにはヤナガワモータースさんに連絡をしてくれていち早くヤナガワさんからお電話を頂けました。
本当にありがとうございます。

病院でレントゲンを撮ったりして一通り検査。
幸いにも骨に異常は見られませんでした。

病院から解放され、今度は警察署へ
碑文谷警察署に行って事故調書を作成しました。
警察の方の質問に答えていく形で調書を作成していくのですが
「どこが悪かったかと思いますか?」と言う質問には正直戸惑います。
だってこっち落ち度はないと思うのですから。
その旨伝えると「いや、形式だけでもいいので・・・」と言われます。
納得いかないところはありますがしょうがないですね。
「それが、合っているかはわかりませんが、クラクション鳴らしておけば良かったですかね?」という返答をしておきました。

調書作成が終わると「保険屋さんに連絡取っておいてください」と言われました。
自分に落ち度がないと思っているのでこちらの保険屋さんに連絡取る必要はないのではないかと思っていたのですが車両の修理など 保険屋さん同士の交渉になってくるとのことで、こちらの加入している保険屋さんに連絡。

この時点で事故発生後3時間を経過していたのですが、相手の保険屋からは一切の連絡無し。
事故車両のロードサービスが無料で使えるのでこちらでレッカーの手配をしました。

 

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: PANDA

タグ: , Leave a comment

Leave a comment

Feed

http://www.browncrown.net/blog / Panda:事故記録1